廣瀬 信之



廣瀬 信之 (Nobuyuki HIROSE)



  九州大学大学院システム情報科学研究院
  情報学部門 知能科学講座(認知科学研究室) 助教

  e-mail: hirose(at)inf.kyushu-u.ac.jp
         ("(at)" を "@" に置き換えてください)






学歴

2008. 03   京都大学博士(文学) 取得

2007. 03   京都大学大学院文学研究科 博士後期課程 行動文化学専攻 心理学専修 研究指導認定退学

2004. 03   京都大学大学院文学研究科 修士課程 行動文化学専攻 心理学専修 修了

2002. 03   京都大学文学部 人文学科 行動・環境文化学系 心理学専修 卒業



職歴

2009. 08 ~ 現   在  九州大学大学院システム情報科学研究院 助教

2007. 11 ~ 2009. 08  京都大学大学院教育学研究科 グローバルCOE研究員

2007. 04 ~ 2007. 10  日本学術振興会特別研究員PD
                 (受入研究者:京都大学大学院文学研究科 苧阪 直行 教授)

2006. 04 ~ 2007. 03  日本学術振興会特別研究員DC2
                 (受入研究者:京都大学大学院文学研究科 苧阪 直行 教授)




研究のキーワード

視覚アウェアネス (visual awareness)

視覚マスキング (visual masking)

時間ギャップ検出 (temporal gap detection)

経頭蓋磁気刺激 (TMS: transcranial magnetic stimulation)




学術論文

Urakawa, T., Hirose, N., & Mori, S. (2016). Reduction in the reverse-bias effect by an abrupt break in the sequential regularity of visual events. Perception, 45, 474-482.

Mori, S., Oyama, K., Kikuchi, Y., Mitsudo, T., & Hirose, N. (2015). Between-frequency and between-ear gap detections and their relation to perception of stop consonants. Ear and Hearing, 36, 464-470.

廣瀬信之・牛島悠介・森周司 (2014). 携帯電話メールによる感情の伝達に絵文字と顔文字が及ぼす影響. 感情心理学研究. 22, 20-27.

Hirose, N., Hattori, S., & Mori, S. (2012). Object substitution masking reinstated by color change of a previewed mask (Summary of Awarded Presentation). 基礎心理学研究, 31, 93-94. (In English)

三好智子・森周司・廣瀬信之 (2012). 事前視覚情報の利用が打球の方向予測に及ぼす影響. 心理学研究, 83, 202-210.

吉岡隆弘・森周司・松木裕二・植草理・廣瀬信之 (2012). 自動車運転中の覚醒状態の変化に伴う反応時間の確率密度分布の変化. 電子情報通信学会論文誌, J95-A, 379-382.

Tsubomi, H., Ikeda, T., Hanakawa, T., Hirose, N., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2012). Dissociable neural activations of conscious visibility and attention. Journal of Cognitive Neuroscience, 24, 496-506.

Kihara, K., Ikeda, T., Matsuyoshi, D., Hirose, N., Mima, T., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2011). Differential contributions of intraparietal sulcus and inferior parietal lobe to the attentional blink: Evidence from transcranial magnetic stimulation. Journal of Cognitive Neuroscience, 23, 247-256.

Hirose, N., & Osaka, N. (2010). Asymmetry in object substitution masking occurs relative to the direction of spatial attention shift. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 36, 25-37.

Hirose, N., & Osaka, N. (2009). Object substitution masking induced by illusory masks: Evidence for higher object-level locus of interference. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 35, 931-938.

Tsubomi, H., Ikeda, T., Hanakawa, T., Hirose, N., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2009). Connectivity and signal intensity in parieto-occipital cortex predicts top-down attentional effect in visual masking: An fMRI study based on individual differences. Neuroimage, 45, 587-597.

廣瀬信之・苧阪直行 (2008). オブジェクト置き換えマスキングの脳内機構. 心理学評論, 51, 301-317.

Hirose, N., Kihara, K., Mima, T., Ueki, Y., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2007). Recovery from object substitution masking induced by transient suppression of visual motion processing: A repetitive transcranial magnetic stimulation study. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 33, 1495-1503.

Matsuyoshi, D., Hirose, N., Mima, T., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2007). Repetitive transcranial magnetic stimulation of human MT+ reduces apparent motion perception. Neuroscience Letters, 429, 131-135.

Kihara, K., Hirose, N., Mima, T., Abe, M., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2007). The role of left and right intraparietal sulcus in the attentional blink: A transcranial magnetic stimulation study. Experimental Brain Research, 178, 135-140.

Osaka, N., Otsuka, Y., Hirose, N., Ikeda, T., Mima, T., Fukuyama, H., & Osaka, M. (2007). Transcranial magnetic stimulation (TMS) applied to left dorsolateral prefrontal cortex disrupts verbal working memory performance in humans. Neuroscience Letters, 418, 232-235.

廣瀬信之・苧阪直行 (2005). rTMSを用いたオブジェクト置き換えマスキングの脳内機構の検討. 生理心理学と精神生理学, 23, 29-37. 訂正

Hirose, N., Kihara, K., Tsubomi, H., Mima, T., Ueki, Y., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2005). Involvement of V5/MT+ in object substitution masking: Evidence from repetitive transcranial magnetic stimulation. Neuroreport, 16, 491-494. Corrigendum




著書・訳書

廣瀬信之 (2013). 第6章 注意性のマスキング (pp. 149-180). 注意をコントロールする脳 -神経注意学からみた情報の選択と統合-(苧阪直行 編). 新曜社.

廣瀬信之・木原健 (2010). 第6章 経頭蓋磁気刺激 (TMS) を用いた研究 -注意と意識- (pp. 111-125). 脳イメージング -ワーキングメモリと視覚的注意からみた脳-(苧阪直行 編). 培風館.

廣瀬信之 (2008). 第7章 意識的表象と無意識的表象 (pp. 251-304). 意識の脳内表現:心理学と哲学からのアプローチ(苧阪直行 監訳). 培風館. (Rose, D. 2006. Consciousness: Philosophical, psychological and neural theories. Oxford University Press).

廣瀬信之 (2004). 第9章 エピローグ:ちょっとした哲学 (pp. 193-195), <付録> 自分の理論を作ろう:事実についての概要 (pp. 197-213). 脳と意識のワークスペース(苧阪直行 監訳). 協同出版. (Baars, B. 1997. In the Theater of Consciousness. Oxford University Press.)




学会等での発表

田村俊介・森田大樹・伊藤一仁・廣瀬信之・森周司 (2016, 3). 有声・無声子音のカテゴリー境界と無音検出閾値の関連性の検討. 日本音響学会2016年春季研究発表会. (神奈川)(学生優秀発表賞受賞)

田村俊介・森田大樹・廣瀬信之・伊藤一仁・森周司 (2015, 12). 無音検出課題の聴覚訓練による有声・無声子音の識別能力の変化に関する検討. 日本音響学会聴覚研究会. (熊本)

チョヒョンス・廣瀬信之・森周司 (2015, 9). 無音検出課題における付加音の影響に関する研究. 日本音響学会2015年秋季研究発表会. (福島)

Hirose, N., Yamamoto, M., & Mori, S. (2015, 7). Visual temporal gap detection across spatial frequency channels. The 14th European Congress of Psychology. Milan, Italy.

奥田譲・廣瀬信之・森周司 (2015, 5). 空間周波数におけるチャンネル間処理が時間分解能に及ぼす影響. ヒューマン情報処理研究会(HIP). (沖縄)

廣瀬信之・山本美和・奥田譲・森周司 (2014, 12). ギャップ前後での時間マーカーの空間周波数変化による時間分解能の低下. 日本基礎心理学会第33回大会. (東京)

Hirose, N. (2014, 8). Across-channel temporal gap detection in vision: The case of spatial frequency. 2014 Symposium of Across-Channel Processing in Human Audition. Niagara-on-the-Lake, Ontario, Canada.

廣瀬信之・山本美和・森周司 (2014, 5). 視覚におけるチャンネル間ギャップ検出 ―空間周波数の事例―. ヒューマン情報処理研究会(HIP). (沖縄)

菊池洋祐・光藤崇子・廣瀬信之・森周司 (2014, 5). 周波数間無音検出の心理測定関数. 音学シンポジウム2014. (東京)

近藤仁美・菊池洋祐・光藤崇子・廣瀬信之・森周司 (2014, 5). 両耳融合聴における閉鎖子音から始まる単語の知覚. 音学シンポジウム2014. (東京)

Ishimatsu, Y., Mori, S., & Hirose, N. (2013, 11). Choice deafness of expert musicians to preferred performance. The 54th Annual Meeting of the Psychonomic Society. Toronto, Ontario, Canada.

Kikuchi, Y., Mori, S., Hirose, N. (2013, 11). Binaural temporal fusion shifts perceptual boundary of stop consonants. The 54th Annual Meeting of the Psychonomic Society. Toronto, Ontario, Canada.

菊池洋祐・廣瀬信之・森周司 (2013, 10). 両耳時間的融合状況における閉鎖子音の知覚. 日本音響学会聴覚研究会. (兵庫)

廣瀬信之・牛島悠介・森周司 (2013, 9). 顔文字と絵文字が携帯電話メールでの感情伝達に及ぼす影響. 日本心理学会第77回大会. (北海道)

小山和紀・菊池洋祐・廣瀬信之・森周司 (2012, 12). 無音検出閾値と有声・無声子音のカテゴリー境界の関連. 日本音響学会聴覚研究会. (福岡)

菊池洋祐・小山和紀・廣瀬信之・森周司 (2012, 12). 子音・母音を左右耳に分離呈示したときのカテゴリー知覚. 日本音響学会聴覚研究会. (福岡)

廣瀬信之・森周司 (2012, 11). 先行呈示刺激の色変化による標的刺激視認性低下の空間分布. 日本基礎心理学会第31回大会. (福岡)

Yosimura, S., Hirose, N., & Mori, S. (2012, 10). Monocular and binocular estimation of time to contact for blurred-edge objects. The 8th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2012). Fukuoka, Japan.

Hirose, N., Hattori, S., & Mori, S. (2012, 9). Abrupt color change of a previewed mask reinstates object substitution masking. The 35th European Conference on Visual Perception. Alghelo, Italy.

吉村礁太・廣瀬信之・森周司 (2012, 5). 接近物体の輪郭の不明瞭性が到達時間推定に与える影響 ―ガウスフィルターによる検討―. ヒューマン情報処理研究会(HIP). (沖縄)

田中辰彦・川野晋慈・積山薫・廣瀬信之・森周司 (2012, 5). 日本語と英語の読みにおける老視者の読字特性. ヒューマン情報処理研究会(HIP). (沖縄)

竹山智子・廣瀬信之・森周司 (2012, 1). バレーボールの競技レベルと経験による予測能力の違いと反応の偏り. MEとバイオサイバネティックス研究会. (福岡)

小田幸弘・白石壮馬・内田誠一・廣瀬信之・森周司 (2012, 1). 身体動作の視覚運動情報に基づく予測:ペナルティキッカーの動作解析と選手の予測成績からの検討. 日本視覚学会2012年冬季大会. (東京)

廣瀬信之・服部翔太・森周司 (2011, 12). 先行呈示刺激の色変化による逆向マスキング. 日本基礎心理学会第30回大会. (神奈川)(優秀発表賞受賞)

Takeyama, T., Hirose, N., & Mori, S. (2011, 10). Temporal change in response bias observed in expert anticipation of volleyball spikes. The 27th Meeting of the International Society for Psychophysics. Herzliya, Israel.

廣瀬信之・野口淳・森周司 (2011, 9). 接近物体の輪郭ぼけは見積もり到達時間を増大させる. 日本心理学会第75回大会. (東京)

本田達矢・廣瀬信之・森周司 (2011, 5). 色とフォントの組み合わせによる日本語文字の印象の変化. ヒューマン情報処理研究会 (HIP). (沖縄)

小田幸弘・廣瀬信之・内田誠一・森周司 (2011, 5). ゴールキーパーがペナルティキックを止めるには -DPマッチングを用いたキッカーの動画解析-. ヒューマン情報処理研究会 (HIP). (沖縄)

Noguchi, J., Hirose, N., & Mori, S. (2010, 10). Time to contact estimation in human vision -Effects of contour information-. The 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2010). Fukuoka, Japan.

Nakazaki, T., Tao, K., Sekiyama, K., Hirose, N., & Mori, S. (2010, 10). Optimal letter size for reading horizontally scrolling Japanese words. The 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2010). Fukuoka, Japan.

Tao, K., Nakazaki, T., Sekiyama, K., Hirose, N., & Mori, S. (2010, 10). Study on impairment of reading letters at near distance. The 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2010). Fukuoka, Japan.

Kihara, K., Ikeda, T., Matsuyoshi, D., Hirose, N., Mima, T., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2009, 9). Top-down and stimulus-driven influences in the attentional blink: Evidence from transcranial magnetic stimulation. NIPS (National Institute for Physiological Sciences) International Workshop for Scientific Study of Consciousness. Okazaki, Japan.

廣瀬信之・苧阪直行 (2009, 8). 非対称的オブジェクト置き換えマスキング再考 -眼球運動統制下での注意シフトの効果の検討-. 日本心理学会第73回大会. (京都)

廣瀬信之・苧阪直行 (2008, 12). 単語手がかりは不随意的な注意シフトを生じるか? 日本基礎心理学会第27回大会. (宮城)

廣瀬信之・苧阪直行 (2008, 9). オブジェクト置き換えマスキングにおける高次オブジェクトレベルの干渉. 日本心理学会第72回大会. (北海道)

木原健・池田尊司・松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2008, 9). 注意の瞬きに関わる後部頭頂葉の機能差. 日本心理学会第72回大会. (北海道)

Hirose, N., & Osaka, N. (2008, 8). Object substitution masking induced by illusory masks: Evidence for higher object-level locus of interference. The 31th European Conference on Visual Perception. Utrecht, Netherlands.

Tsubomi, H., Ikeda, T., Hirose, N., & Osaka, N. (2008, 6). A neural correlate of object visibility modulated by top-down attention: An fMRI study. The 12th Annual Meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness. Taipei, Taiwan.

Hirose, N., & Osaka, N. (2008, 5). Asymmetry in object substitution masking occurs relative to the direction of spatial attention shift. The 8th Annual Meeting of the Vision Sciences Society. Naples, FL, USA.

木原健・池田尊司・松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2008, 3). 注意の瞬きに関わるトップダウン処理とボトムアップ処理. 第6回注意と認知研究会. (石川)

木原健・廣瀬信之・苧阪直行 (2007,12). 注意の瞬き期間中における視覚刺激処理の継続可能性の検討. 日本基礎心理学会第26回大会. (東京)

Kihara, K., Hirose, N., & Osaka, N. (2007, 11). Visual event is labile during attentional blink period: Direct evidence from first target performance. The 15th Annual OPAM (Object, Perception, Attention, & Memory) Conference, Long Beach, CA, USA.

松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2007, 5). 仮現運動知覚の神経機構 -反復経頭蓋磁気刺激による研究-. 日本認知心理学会第5回大会. (京都)

木原健・廣瀬信之・苧阪直行 (2007, 2). 視覚的注意処理の時間制約に対する左右頭頂間溝領域の関与:TMS研究. SCS視覚研究会. (国内衛星回線使用)

木原健・廣瀬信之・苧阪直行 (2007, 2). 注意の瞬き現象に関わる両側頭頂間溝の関与の検討. 第5回注意と認知研究会. (愛知)

Kihara, K., Hirose, N., & Osaka, N. (2006, 12). Bilateral intraparietal sulcus plays a critical role in producing attentional blink: A transcranial magnetic stimulation study. 21世紀COEプログラム「心の働きの総合的研究・教育拠点」総括シンポジウム. (京都)

Hirose, N., & Osaka, N. (2006, 11). Object substitution masking by illusory-contour figure. The 47th Annual Meeting of the Psychonomic Society. Houston, TX, USA.

Kihara, K., Hirose, N., & Osaka, N. (2006, 11). The role of intraparietal sulcus in the attentional blink revealed by single pulse transcranial magnetic stimulation. The 14th Annual OPAM (Object, Perception, Attention, & Memory) Conference, Houston, TX, USA.

廣瀬信之・木原健・苧阪直行 (2006, 11). 視覚運動処理の抑制によるターゲット視認性の向上 -反復経頭蓋磁気刺激による検討-. 日本心理学会第70回大会. (福岡)

木原健・廣瀬信之・美馬達哉・阿部十也・福山秀直・苧阪直行 (2006, 8). 経頭蓋磁気刺激を用いた注意の瞬き現象の責任領域の検討. 日本認知心理学会第4回大会.(愛知)

坪見博之・池田尊司・花川隆・廣瀬信之・福山秀直・苧阪直行 (2006, 8). トップダウンの空間的注意による視覚アウェアネスの変化 -fMRIを用いた脳内ネットワークの検討-. 第11回認知神経科学会学術集会. (東京)

廣瀬信之・苧阪直行 (2006, 6). 主観的輪郭図形によるオブジェクト置き換えマスキング. 日本基礎心理学会第25回大会. (広島)

松吉大輔・廣瀬信之・美馬達哉・福山秀直・苧阪直行 (2006, 6). 第五次視覚野への反復経頭蓋磁気刺激が仮現運動知覚に及ぼす影響. 日本基礎心理学会第25回大会. (広島)

坪見博之・池田尊司・廣瀬信之・苧阪直行 (2006, 6). トップダウンの空間的注意がメタコントラストマスキングに及ぼす影響の個人差 -fMRIを用いた脳内機構の検討-. 日本基礎心理学会第25回大会. (広島)

廣瀬信之・苧阪直行 (2005, 11). オブジェクト置き換えマスキングの脳内機構 -反復経頭蓋磁気刺激 (rTMS) による検討-. 関西心理学会第117回大会. (大阪)(研究奨励賞受賞)

坪見博之・池田尊司・廣瀬信之・苧阪直行 (2005, 11). オブジェクトアウェアネスに影響するトップダウンの空間的注意 -fMRIを用いた脳内ネットワークの検討-. 関西心理学会第117回大会. (大阪)(研究奨励賞受賞)

Osaka, N., & Hirose, N. (2005, 8). Repetitive transcranial magnetic stimulation applied to MT+ attenuates object substitution masking in human brain. The 28th Annual Meeting of the European Conference on Visual Perception, A Coruña, Spain.

廣瀬信之・坪見博之・木原健・美馬達哉・植木美乃・福山秀直・苧阪直行 (2004, 11). オブジェクト置き換えマスキングにおけるV5/MTの役割:反復経頭蓋磁気刺激による検討. 日本基礎心理学会第23回大会. (新潟)

Hirose, N., & Osaka, N. (2004, 8). The dependence of asymmetric object substitution on the direction of spatial attention shift. International Workshop on Object Recognition, Attention, and Action. Kyoto, Japan.

廣瀬信之・苧阪直行 (2003, 11). オブジェクト置き換えマスキングの非対称性は注意の移動方向に依存するか? 日本基礎心理学会第22回大会. (東京)

廣瀬信之・苧阪直行 (2002, 11). 視覚刺激の時空間的特性が心理的時間におよぼす影響. 日本基礎心理学会第21回大会. (千葉)




紀要・抄録・技報等

田村俊介・森田大樹・伊藤一仁・廣瀬信之・森周司 (2016). 有声・無声子音のカテゴリー境界と無音検出閾値の関連性の検討. 日本音響学会2016年春季研究発表会講演論文集, pp.485-488.

田村俊介・森田大樹・廣瀬信之・伊藤一仁・森周司 (2015). 無音検出課題の聴覚訓練による有声・無声子音識別能力の変化に関する検討. 日本音響学会聴覚研究会資料, 45(9), H-2015-130, 731-736.

チョヒョンス・廣瀬信之・森周司 (2015). 無音検出課題における付加音の影響に関する研究. 日本音響学会2015年秋季研究会講演論文集, pp.421-424.

奥田譲・廣瀬信之・森周司 (2015). 空間周波数におけるチャンネル間処理が時間分解能に及ぼす影響. 電子情報通信学会技術研究報告, 115(36), HIP2015-18, 131-134.

廣瀬信之・山本美和・森周司 (2014). 視覚におけるチャンネル間ギャップ検出 ―空間周波数の事例―. 電子情報通信学会技術研究報告, 114(68), HIP2014-4, 17-21.

菊池洋祐・光藤崇子・廣瀬信之・森周司 (2014). 周波数間無音検出の心理測定関数. 電子情報通信学会技術研究報告, 114(52), SP2014-21, 217-221.

近藤仁美・菊池洋祐・光藤崇子・廣瀬信之・森周司 (2014). 両耳融合聴における閉鎖子音から始まる単語の知覚. 電子情報通信学会技術研究報告, 114(52), SP2014-23, 227-232.

菊池洋祐・廣瀬信之・森周司 (2013). 両耳時間的融合状況における閉鎖子音の知覚. 日本音響学会聴覚研究会資料, 43(7), H-2013-95, 553-558.

小山和紀・菊池洋祐・廣瀬信之・森周司 (2012). 無音検出閾値と有声・無声子音のカテゴリー境界の関連. 日本音響学会聴覚研究会資料, 42(9), H-2012-127, 701-705.

菊池洋祐・小山和紀・廣瀬信之・森周司 (2012). 子音・母音を左右耳に分離呈示したときのカテゴリー知覚. 日本音響学会聴覚研究会資料, 42(9), H-2012-135, 745-749.

Yosimura, S., Hirose, N., & Mori, S. (2012). Monocular and binocular estimation of time to contact for blurred-edge objects. Proceedings of the 8th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (USB disk, 3 pages).

田中辰彦・川野晋慈・積山薫・廣瀬信之・森周司 (2012). 日本語と英語の読みにおける老視者の読字特性. 電子情報通信学会技術研究報告, 112(46), HIP2012-20, 137-142.

吉村礁太・廣瀬信之・森周司 (2012). 接近物体の輪郭の不明瞭性が到達時間推定に与える影響 ―ガウスフィルターによる検討―. 電子情報通信学会技術研究報告, 112(46), HIP2012-30, 217-221.

Takeyama, T., Hirose, N., & Mori, S. (2011). Temporal change in response bias observed in expert anticipation of volleyball spikes. Proceedings of the 27th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, pp.19-24.

小田幸弘・廣瀬信之・内田誠一・森周司 (2011). ゴールキーパーがペナルティキックを止めるには ―DPマッチングを用いたキッカーの動画解析―. 電子情報通信学会技術研究報告, 111(60), HIP2011-17, 121-125.

本田達矢・廣瀬信之・森周司 (2011). 色とフォントの組み合わせによる日本語文字の印象の変化. 電子情報通信学会技術研究報告, 111(60), HIP2011-18, 127-132.

Noguchi, J., Hirose, N., & Mori, S. (2010). Time to contact estimation in human vision -Effects of contour information-. Proceedings of the 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (CD-ROM, 3 pages).

Nakazaki, T., Tao, K., Sekiyama, K., Hirose, N., & Mori, S. (2010). Optimal letter size for reading horizontally scrolling Japanese words. Proceedings of the 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (CD-ROM, 3 pages).

Tao, K., Nakazaki, T., Sekiyama, K., Hirose, N., & Mori, S. (2010). Study on impairment of reading letters at near distance. Proceedings of the 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (CD-ROM, 3 pages).

木原健・池田尊司・松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2008). 注意の瞬きに関わるトップダウン処理とボトムアップ処理. Technical Report on Attention and Cognition, No. 25.

木原健・廣瀬信之・苧阪直行 (2007). 注意の瞬き現象に関わる両側頭頂間溝の関与の検討. Technical Report on Attention and Cognition, No. 3.




受賞等

日本基礎心理学会第30回大会優秀発表賞 (廣瀬信之・服部翔太・森周司 (2011). 先行呈示刺激の色変化による逆向マスキング.)

関西心理学会第117回大会研究奨励賞 (廣瀬信之・苧阪直行 (2005). オブジェクト置き換えマスキングの脳内機構 -反復経頭蓋磁気刺激 (rTMS) による検討-.)

関西心理学会第117回大会研究奨励賞 (坪見博之・池田尊司・廣瀬信之・苧阪直行 (2005). オブジェクトアウェアネスに影響するトップダウンの空間的注意 -fMRIを用いた脳内ネットワークの検討-.)
     



論文査読

Journal of Experimental Psychology: General

Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance

Frontiers in Psychology

心理学研究

心理学評論

感情心理学研究